エルネア王国*チラシの裏

ワールドネバーランド エルネア王国の日々(スマホ版:モニカ国/Switch版:ウィルマ国、オスキツ国、Kane国)のプレイ記録です。海外版の日本語攻略メモやKane国の台帳、過去作の記録も少々ございます。年代明記・寿命バレ等注意。

【オルルド】430年 アセス国①

ワールドネバーランド&オルルド王国21周年を機にローカルでちまちまつけていたPSP版オルルド王国の記録をこっそりと公開いたします。

▼簡単な注意書き

スマホ版エルネア王国から入ったワーネバ初心者(エルネアのプレイ歴は約3年)
・初期国や国民の知識は皆無に近く先入観なし。一応寿命バレ注意
・カルチャーショック受けまくり。仕様の違いや覚えることが多すぎて混乱
・スクショ撮影機能が本体・ソフト共にないため顔画像がメイン
・手探り+慣れなくておかしな行動、失敗や勘違いも多発

問題ない方はどうぞ。顔画像は公式がこちらで配布しているものを使用しています。

 

2in1ということで最初に起動したのは1作目となるオルルド王国。オリジナル(PS版)の発売日はこの記事からちょうど21年前の1997年10月23日。PSP版は2008年6月26日と約10年前。

起動するとすぐにフルボイスのムービーが始まる。『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章/エデンの戦士達』などで有名な藤原カムイ先生がデザインに携わったというのでクオリティがとんでもなく、こんなすごいゲームが20年以上前に存在していたなんてと感動した。

ゲームの雰囲気を味わおうとデモ画面を眺める。スクショ撮影機能がなく直撮りで申し訳ありません。

f:id:nnuunn:20181023125103j:plain

「そんなことぼくの勝手だろ」

ああこれがオルルド名物そんなことぼくの勝手だろか。アンガスは女性にそんなこと言わない(国が違います)

その後、デモ画面のPCが誰かに話しかけるたびにそんなことぼくの勝手だろ」「そんなことわたしの勝手でしょ「そんなことry」が延々と続く。このたびにムッとするPCと、エルネア国民には大変刺激が強い内容で何もしていないのに怒られている気分…

もうやだ帰りたい。プルトに行こう…そんなわけでオルルドはムービーを少し見て恐れおののき2作目のプルトから始めた。そして、子供が歩き始めたところで恐る恐るオルルドに入国した。

入国後もこれまたハイクオリティなムービーが用意されている。エッジがどうのこうのでアンゲロスが云々…エルネア杯開会式で国王が語る過去の悲惨な事件についてはこれに由来するらしい。壮大すぎてついていけるのか不安になってくる。

 

f:id:nnuunn:20181012124945g:plain PC:マリラ(オルルドは姓なし/名前はエルネアサブ国より) 

f:id:nnuunn:20181023125830j:plain

23日生まれの7才。ユリウスオルグ所属。性格は名称がなくバーで表示されている。
ルルドでは持ち歩けるアイテムは1つだけ(プルトは4つ)と、何種類でもアイテムをかばんに入れられるエルネアからの移住だと大変不便に思える。だがそこが1作目らしくていい。

宝物(所持品)は定番のモテアイテムことセシルの香り。これを持っているだけで異性にもてもてとワンポイントヘルプに書いてある。プルトとは異なり、オルルドでは3000ピィと入国直後の所持金では買えないアイテムだが、道に落ちていたのを運良く入国初日に拾った。仕事中以外は肌身離さず持ち歩いている。

 

王の名前は表示されず(そもそもイベント時以外どこで何をしているのかわからない)初期国は親衛隊長の名前で判断する。PCが訪れたのはアセス国らしい。

f:id:nnuunn:20181012124854g:plain アセス親衛隊長

親衛隊長の名前はシズニの丘にある右上のギブル売り場より一番上で確認できる。場所がわからなければ地図を見よう。

ルルドでは初期国はいくつかあるが、エルネアやプルトとは異なりPCの顔によって地元民の顔も様々らしい。同じアセス国でも違う顔のPCで入国すれば親衛隊長もこの顔ではない…なんだかややこしいな。つまり、超絶イケメンが他の方のデータではそうでなかったり逆もあるということか。エルネアのように台帳から好みの顔の独身を探して突撃!なんてこともできない。

そもそも顔が固定ではなく服装でも婚姻状況がわからないため、独身の異性(基本的に親と同居/入国時からいる移住者のみ単身)の中から好みの顔を探し回る必要がある…

ゲーム内に台帳(ナルル以降から登場)はなく、初回はある程度進めるまで何も見ないようにすると決めている。少々面倒だが全ての家を訪れて独身男性全員の顔を確認した。恋人持ちが数名、入国直後なのに失恋と書いてある男性もいた。何があったんだ。

 

ここでもプルトと同様に成人式が見られる。新成人は男性が2名でこの国の独身男性は11人。セシルの香りの効果なのか凄まじい勢いでフリーの男性達が代わる代わるデートに誘ってくる。とにかくその回数が尋常じゃないのでモテモテ気分を味わうのもストーカーに悩まされるのも捉え方次第?

特に入国年はランク外のため練習試合の申し込みが多く、性別や婚姻状況に関わらずNPCが強制的にリストに入ってくる。おーいで行動を封じられ1日数回に渡るデートの誘いに練習試合…ダンジョンに逃げたりもできないのでエルネアよりも独身の異性が寄ってくる印象。

色々あって最終的にデートをOKした(=恋人になった)のがオスカー f:id:nnuunn:20181012124518g:plain だった。性格は積極真ん中/勤勉真っ青/優しさのみ突き抜けている。個人的には整った顔立ちに思えるが、他の方のデータではこの顔ではないかもしれない。見たいような見たくないような…

 

それよりもここオルルドは国民全員に武術の心得がある戦闘国家と聞いている。戦闘中は髪が金髪になって逆立つんじゃないか。魔物多すぎ/異界のゲート開きすぎ/入学した子供に武器を持たせてダンジョンに通わせるエルネアの方がやばい…やばいの?

夜にもかかわらず家にいきなり押しかけてきて練習試合を申し込んでくるオルルド人の方が怖いです。目が合ったら勝負なポ〇モントレーナーもびっくりですよ。負けても特にデメリットがないのが救いだけど。

 

その後オスカーと無事恋人になり、いきなり温泉でデートすることになる。水着ではなくタオルを巻いて入ることになり、何の準備もしていないPCは真っ青。でも真っ赤な水着(プルトコークショルグ員の水着)よりはマシだ。

そして何事もなく帰宅。プルトでの恋人を聖人かと思ったのはエルネア人が特別手が早いだけでオルルド人の恋人も割と控えめ。非常に清いお付き合いが始まりました。