エルネア王国*チラシの裏

ワールドネバーランド エルネア王国の日々(スマホ版:モニカ国/Switch版:ウィルマ国、オスキツ国、Kane国)のプレイ記録です。海外版の日本語攻略メモやKane国の台帳、過去作の記録も少々ございます。年代明記・寿命バレ等注意。

【海外版】Kane国 王族との出会い

元旅人の初代PCが異国の王子との結婚を夢見て茨の道を突き進むプレイ記録その1。画像の言語は全て英語ですが、記事は日本語です。

▼はじめに

以前から興味があったもののスマホ版では環境が整っておらず、プレイしたくてもできなかった海外版エルネア王国。それが、Nintendo Switchではスマホ版のように海外仕様の本体やショップ、複雑な設定の必要がなく本体の言語を切り替えるだけでプレイできると知り、英語が不得意ながらも挑戦することにしました。

 Nintendo Switchでの海外版エルネア王国のプレイ方法はこちらです。

これは元旅人の初代PCが(ソフトの言語的な意味も含む)異国の王子との結婚を夢見て茨の道を突き進むプレイ記録です。海外版に関しては主に独身国民の人気や知名度、どの役職に就きやすい等の事前知識もなく完全に手探り状態です。初代で王族との恋愛は難しく言葉の壁もあるので、失敗する可能性もございますがご了承下さい。

※初期国民の寿命バレ、唐突なルー語、英語をいいように捉えた妄想脳内補完と超解釈が出てきます。

***

▼初代 Lucianna Bellucci(ルシアンナ・べルッチ)

f:id:nnuunn:20180327172000j:plain

名前はランダム。おまかせにしていくつか名前を表示していると、偶然スマホ版でプレイしているモニカ国で馴染みのある「べルッチ」と読めそうな姓が出てきたので採用した。

f:id:nnuunn:20180316165907j:plain
f:id:nnuunn:20180316165937j:plain

まずは初期国を調べる。メニューからそれっぽい選択肢のKingdom Informations(王国情報)を選び、Resident Registry(国民台帳)から王の名前を見る。訳あってずっと行きたかったKane国に1発で入国できたようだ。

国王:Kane Sherman(ケイン・シャーマン)

173年16日生まれの18歳でロマンチスト。ロマンチスト!!

f:id:nnuunn:20180316170243j:plain

とにかく、本体の設定さえしてしまえば私のように英語があまりできなくても簡単に海外版エルネア王国に行けてしまう。台帳を眺めているだけでもおなじみのシャーマン(王族)、ボルジャーモリエンテスラプシンバラーダコルテスなどと読める姓がいくつも見つかる。この段階ではあまり外国に来た気がしない…

f:id:nnuunn:20180316171115j:plain
f:id:nnuunn:20180316170940j:plain

基本的に内容は国内版と同じなので最初の説明はすっ飛ばしてしまった。配信初日は国内版のウィルマ国をプレイしていたため、Switchでも序盤の要領はつかめている。

まずは王子がいればラッキーとエルネア城に突撃し、会話のレベルはどんなものかと適当にその辺にいたNPCに声をかけた。それから仕立て屋に寄ってそこそこ華やかな格好をした(つもり)

 

入国直後からはしゃぎ回るのは自由だが、国民になれなければ話にならない。とりあえずチュートリアルミッションを受けようとFast Travel(自動移動)からウィアラの顔アイコンを選び、Tavern(酒場)へと向かう。

f:id:nnuunn:20180319163135j:plain

PCがウィアラと何かを話している。英語ペラペラで助かる。幸か不幸か、言葉の意味が完全にわからなくても国内版の記憶があれば適当に操作してもミッションを受けられてしまう。

f:id:nnuunn:20180319163403j:plain

Garb HerbsNagun SeedsをPickしよう。英語の固有名詞が2つほど出てきたが、落ち着いてローマ字読みをすれば知っているアイテムが見えてくる…これはきっと「ガーブ草ナグンの実の採取」だ。採取後は画像を見れば答えが正しいとわかる。

f:id:nnuunn:20180323174234j:plain

(整列して下さい文字が重なって読めません…)

チュートリアルミッションをこなしながら明らかに独身とわかる男性国民と神職に声をかけ、自動移動で目的地と酒場を行き来する。Guiding Butterfly(導きの蝶)があれば台帳から直接目的のNPCに会いに行けるようだが、持っていない入国直後は全員がStranger(他人)で名前を表示する必要があり、その名前は全てアルファベットで表示されている。そして、初めて訪れた国では何百人といる国民の中から対象を見つけ出すのは非常に難しい。

f:id:nnuunn:20180323175425j:plain

偶然通りかかったOur Majesty(陛下)を発見。その後独身男女の群れに紛れた独身の有職者数人に声をかけてみたが、初日は「王子」には会えなかった(画像のLedley王子の方ではない)この日見つけられなかった独身男性や気になった女性は導きの蝶入手後に声をかけるとして、夜は王家の居室で王子の帰りを待つことにした。どう見ても不審者です。

物陰でシャッターチャンスをうかがっていたところ、先に帰ってきた国王夫妻がいい雰囲気になり始めた。何だか見てはいけないようなものを見てしまったような気がして、隣に住む騎士隊長につまみ出される前にそそくさと居室を出た。

翌朝

f:id:nnuunn:20180323180148j:plain
f:id:nnuunn:20180323180156j:plain

確かに探していた王子には出会えた。しかし、何だろうこの違和感は…