エルネア王国*チラシの裏

ワールドネバーランド エルネア王国の日々(スマホ版:モニカ国/Switch版:ウィルマ国、Kane国)のプレイ記録です。海外版の日本語攻略メモやwiki補完用の簡易台帳もございます。年代明記・寿命バレ等注意。

初代リプレイ①192年 入国

ある程度プレイが進んでから記録を取り始めたため、初代夫婦に関する画像や記録がほとんどない。スクショ回収も兼ねて同じPCでシステムや会話が追加・一新された192年のモニカ国に入国した。

 

▼初代 ミレーヌ・リーニュ

名前はTRPG 名前作成(外部サイト)より。キャラメイク時におまかせを使わず先に容姿から決めてしまったため、非常に名前に困った記憶がある。本編(オリジナル)の誕生日は20日

f:id:nnuunn:20170712213115p:plain
f:id:nnuunn:20170713162713p:plain

本編では農場代表(評議会議長)から近衛騎兵に転職。翌年に騎士隊長となったが、こちらでは入国日に帰化できたので農場管理官をパスして騎兵を目指す。ダンジョンで球根がドロップするようになったため、即日帰化もしやすくなったように思える。

f:id:nnuunn:20170712213957p:plain

 

▼初代配偶者 ダレル・コートニー

f:id:nnuunn:20170713162924p:plain

186年24日生まれで入国時5歳の新成人。さわやかな性格。

初代の容姿からもわかる通り、黒髪ロング+色白+大きめのツリ目(エルネアでいう3系12、15番と4系全般)という個人的に超ドツボの見た目。鋭い目つきながら綺麗な曲線の眉と無表情に見える口(開くとぽやっとした感じになる)のおかげでなんとなく眠そうに見え、名前の通りダレた表情。なのに当時は本命じゃなかった。

思い返せば当時は国民台帳の存在も知らず、仲良しになれた数少ない初期国民の1人だったが出会いは覚えていない。たまたま話しかけ(られ)たのかもしれないし、誰かの紹介がきっかけだったのかもしれない。

採取や釣りで一緒に移動するシステムもなく(後から現地集合で来ないことが多い)、独身で恋人のいないPCが男性NPCと移動するのは練習試合くらいだった。PCは入国の翌年に農場管理官となり、ラダ小屋での仕事中にわけがわからないまま外に連れ出されたのを覚えている。

何故か練兵場の直前(幸運の塔)で止まり、ここでようやく会話の内容が告白だと気づいた。仕事に明け暮れつつもしばらくしてプロポーズされ結婚。シリーズ自体初めてなのもあり、わからないことが多すぎてとにかくリードされっぱなしだった。

よく適当に恋人を作って後悔したと聞くが、妥協やミッションのためではない。気になっていた本命の相手に結婚されて凹んだこともあったが、初代に関しては付き合う相手を間違えたり別れたいと思ったことは一度もない。10代目プレイ中の現在、記憶が薄れてきたとしてもこれだけは言える。そもそも親友を作るミッションがクリアできていなければ恋人を作るミッションは出てこなかったはず(親友は結婚後にできた)

それだけに記録がほとんど残っていないのは寂しい。

 

▼親友 ベアトリス・ラウル

f:id:nnuunn:20170713163436p:plain

モニカ国第3王子の初期騎兵。本編では1歳下のテリー・シャピーと結婚。天賦の才がカーネイの瞳のため騎兵辞職後は魔銃兵に転職。生涯現役で魔銃(導)師を務め、同じく魔銃師会所属の兄や弟とともにエルネア杯にも出場した。

 

数少ない仲良しの中で特に仲が良かったのがこの2人。

f:id:nnuunn:20170714171354p:plain
f:id:nnuunn:20170714171414p:plain

初期騎兵のローガン・ウルツビア

入国時10歳。入国後、最初に目についたので話しかけた記憶がある。金髪のイケメンで鎧を着ているために「王子様に違いない(一般人だった)」と一目惚れしたのはいいが、本編プレイ当時は10歳以上のNPCの恋愛の進展速度が凄まじく早く、年内に超スピード婚をした。翌年193年生まれの子供がいる。熟女趣味だったのかと非常に凹み、後でそうでもないのだとわかりサブで結婚することにした。

1歳下のハコモ・ベルッチ

可愛い顔(3系目)して超ワイルド。ダレルと同様に毎日朝1でPCの元を訪れていた。本編では奏女となったカレン・パヴィオと結婚したが、先に告白されていたら彼と結婚したのかもしれない。初期からRスキルをいくつか装備しており、新成人の中ではステータスも高く(特にハヤサは飛び抜けている)よく騎兵選抜トーナメントに出場している。

 

f:id:nnuunn:20170713164058p:plain
f:id:nnuunn:20170713164136p:plain

このPCで(友人としてだが)一緒に移動できるだけでも幸せでしかない

f:id:nnuunn:20170713164241p:plain
f:id:nnuunn:20170713164309p:plain

友人になれば翌朝から仕事の誘いやプレゼントの嵐。独身男性を中心に本編で関われなかったNPCにもたくさん声をかけたため、芋づる式に集まるNPCで身動きが取れない。

プレゼントは当時料理が中心だったのが、NPCが積極的に買い物をするようになった現在ではいむぐるみや香水、試合前にはお守りのプレゼントも多い。

 

f:id:nnuunn:20170713170403p:plain
f:id:nnuunn:20170713170448p:plain

f:id:nnuunn:20170713170517p:plain

 

f:id:nnuunn:20170713164420p:plain

独身の異性以外のNPCが積極的に話しかけてくるようになり、男女や独身・既婚、年齢も問わず友人や仲良しが増える。後の義両親や義妹のルチアとも仲良くなれた。

 

騎兵選抜トーナメント

f:id:nnuunn:20170713170045p:plain
f:id:nnuunn:20170713170116p:plain
f:id:nnuunn:20170713170209p:plain
f:id:nnuunn:20170713170235p:plain

f:id:nnuunn:20170713170300p:plain

入国年になんとか優勝し、騎兵候補となる。イベント期間中★5のゲーナの森に入れたため、ステータスを上げながら武器とスキルをある程度揃えられたのが大きい。

 

準決勝で戦ったそっくりさんが既婚でぐぬぬしつつ

f:id:nnuunn:20170713170607j:plain

192年24日。誕生日の朝食にお邪魔してみる。

f:id:nnuunn:20170713170707p:plain
f:id:nnuunn:20170713170807p:plain

兄弟姉妹で移動する光景も。

f:id:nnuunn:20170713170917p:plain
f:id:nnuunn:20170713171034p:plain

f:id:nnuunn:20170713171120p:plain

f:id:nnuunn:20170713171153p:plain
f:id:nnuunn:20170713171222p:plain

192年末 すぐにでも結婚したいところだが、しばらくは恋人としての会話を楽しむことにする。

広告を非表示にする